2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

博物館・美術館

2020年10月23日 (金)

近場をドライブ 伊都の国歴史博物館 後編

次の部屋への入り口にあった

Img_4865 石見型木製品(レプリカ)

Img_4866

内行花文鏡(レプリカ)

鎌塚古墳石室模型Img_4867

次の部屋に入ると…

Img_4868

伊都国女王の衣装Img_4869

Img_4871素焼の杯や壺

動物を模った木製品Img_4872

左が鹿で右が犬だってwww

Img_4873弥生時代の船の部材

通路に並んだ甕棺 Img_4874

Img_4875まだあるぞ~!

…と思ったら…渡り廊下で旧館に入った…

すると人影が!Img_4876

一点を見つめて微動だにしないwww

弥生人やんwwwImg_4877

しかも斧振り上げて見つめる先は

Img_4878旧館玄関

完全に来観客威嚇しとるやんwww

Img_4879順路を進むと

旧館2階の常設展示室

Img_4880

こちらも地域の民俗博物館によくある近世の農機具などの展示…その中に…

山笠の模型 Img_4881

てっきり博多祇園山笠かと思いきや、加布里山笠の模型だそうで…各地似たようなお祭りがあるんですねぇ…

そして壁面で目を引いたのが…

Img_4883Img_4884

このお面!

Img_4885Img_4886

県指定無形文化財に指定されている高祖神楽のお面だそうで…かなりの存在感ありました!

さて…一通り見学を終えて、旧館の駐車場へ向かっていたら、地元のおばちゃんから話しかけられて世間話していたら…どうもナビを使ったら旧館駐車場に案内されることが発覚した。おばちゃん曰く「なぁ~んで新館駐車場の方が広いのにみんなこっちに車止めるんやろうか?」と言っていましたwww

この後、修理完了したサイノス仔ちゃんに乗って…

無事帰宅しました Img_4888

おしまい

近場をドライブ 伊都の国歴史博物館 前編

筑豊ラーメン山小屋で昼飯を食った後は、今回の近場ドライブでお楽しみの伊都の国歴史博物館へ行くことにする。Googleマップのナビで走っていると…小さな路地に入って小学校の横から駐車場へ誘導された。

Img_4839ここかぁ~…

…と思ったら、↑この建物は旧館で、ぐるっと回って新館の玄関へ回るように張り紙があった。新館の玄関へ歩いていると…

年季の入った農機具 Img_4840

その傍らに立像があった。

Img_4841名誉館長原田大六先生像

…って誰?と思って調べたら…糸島出身の日本の考古学者でした。本来ならここの館長に就任する予定でしたが、完成を待たずに逝去されて、名誉館長となったそうです。

Img_4843

こちらが新館 そうそう!事前調査で見たのはこの建物だった。玄関でコロナ対策のアンケートに記入、手を消毒してマスクも着用!受付にアンケート用紙を持っていくと…入館料400円払っていざ入館!

1階は企画展示室で、現在は…

末盧国展をやっていました。120365523_1740360246127701_1478246249043

末盧國(まつろこく/まつらこく)は、『魏志倭人伝』や『梁書』・『北史倭国伝』で記述されている国の一つであり、魏の使者が対馬、壱岐を経由して、本土に最初に上陸する倭の地である。松浦(古くは「まつら、末羅」)の音写とする説が有力。(wikipediaより)

佐賀県の唐津から松浦にかけてあったとしてエリアの遺跡から出土した品々を展示。確かに地理的に見て、糸島、前原の古墳の多さや、唐津・松浦の遺跡からも珍しい出土品がある…と言う事は、背振山を越えて佐賀平野の吉野ケ里に巨大な環濠集落を持った勢力があっても全くおかしな話ではないな~…等と思いながら見学。

そして3階の常設展示へ… エスカレーターを降りて正面には…

Img_4844

木造船の模型と糸島沖のパネル

Img_4845 常設展示室へ

ここからは撮影可なので心おきなく写真が撮れます。入口をはいって見上げると…

Img_4846

巨大な岩が!

井田用会支石墓の上石だそうなImg_4847

Img_4848

展示はこんな感じ

Img_4849石鏃やら石剣やら

Img_4850

そして銅鏡 こんな破片から全体像が見えてくるものなんだなぁ~…

Img_4851Img_4852

(左)金銅四葉座飾金具やらガラス璧(右)こちらの銅鏡は保存状態が良い!

ほぼ完ぺきに残っていますImg_4853

Img_4855瑠璃管玉やらガラス勾玉

そして中央には大きな遺跡の発掘当時の模型が…

Img_4856

平原王墓主体部復原模型(原寸)

その案内板 Img_4857

↑埋葬した人物の棺を取り囲むように4か所に鏡がまとめて見つかっていてその数40面!

Img_4858 壁面には甕棺

平原王墓のガラス管玉Img_4859

Img_4863Img_4862

その他にも鏡がズラリ!レプリカ無し!すべて本物で国宝であるとわざわざ書いてありましたwww

Img_4864ガラス製小玉

井原ヤリミゾ遺跡から出土だそうな。こんなので着飾っていたんだろうなぁ…

つづく

2020年10月 2日 (金)

近場をドライブ 宇美八幡宮 後編

本殿の裏へ…

湯方社 Img_4627

祭神は神功皇后が応神天皇をご出産された際の助産師と言われ、助産師の祖神として祀られています。古来より安産及び小児成長の守護神として広く信仰されています。(宇美町観光情報HPより)

Img_4628 案内板

願い事が書かれた石が山積 Img_4629

Img_4630 聖母子像

武内社 Img_4631

神功皇后と應神天皇の母子を、大臣としての補佐をはじめ、五代もの天皇に仕えて、更に長寿を誇ったという伝承により、延命長寿・武運長久・厄除の神としてお祀りされています。(宇美八幡宮HPより)

Img_4632その横に大きな石

説明が無かったので何の石か分かりません…

恵比寿社 Img_4633

Img_4634ここにも石が沢山

Img_4636

ぐるっと回って…こちらにも大きなクスノキがありました!

湯蓋の森
樹齢約2000年といわれる1本の大きなクスの木で、国の天然記念物に指定されています。神功皇后が応神天皇をご出産された際に、このクスの下で産湯を使われたとき、枝葉が産湯の上に蓋をしているように見えたことから、この名がついたといわれています。なお、1本のクスの木ですが、あまりの巨木のため、「湯蓋の森」と呼ばれています。(宇美町観光情報HPより)

Img_4637 立派な神馬

絵馬には赤ちゃんの絵 Img_4638

休息処の横にあったクスノキには大きなテントみたいになっていて

Img_4639一人位なら泊まれそうwww

実は宇美八幡宮、楽しみにしていたものがあって…それは…宇美名物、やぎみるくアイス その名も産み愛す

Ogp06

最近、町おこしで商品開発されて移動販売車で宇美八幡宮で売っている…と言う話を聞いていたんですが…この日はいませんでした。

Img_4640この後…

宇美町立歴史民俗博物館を見学。館内は撮影禁止。宇美町内の遺跡、古墳で掘り出された品々や宇美町に暮らしていた人の農具を始め様々な道具などが展示されていました。もちろん先日見学した光正寺古墳の出土品もあります。そして…展示室の小さな一角に廃線となった国鉄勝田線の展示コーナーもあったりして鉄道好きな人も面白いと思います。

つづく

2020年9月26日 (土)

近場をドライブ 後編 奴国の丘歴史資料館

奴国の丘歴史公園を一通り見学した後は…隣接する歴史資料館へ…

Img_4479

史料館の前にあった展示

版築の再現 Img_4477

版築とは水城跡などの土塁を構築する際に用いられた土木技術で、この土の塊は板で囲った枠の中で砂や土を交互に入れて突き固めた版築の再現だそうな…

溜池斜樋の石樋 Img_4512

砂岩をくりぬいて製作されたもので二つを上下にして組み合わせ導水管として使用した物だそうです。

さて…館内に入ると…手の消毒と簡単な健康申告書に記入して展示場へ…最初に目に飛び込んでくるのが…

Img_4480

青銅器生産工房のジオラマ この周辺には青銅器やガラス製品を生産していた工房跡が多数発見されているとの事…

目が逝っていますwwwImg_4481

その先通路の右側には大きな地層

Img_4482

須玖・岡本遺跡 墳丘墓の剥ぎ取り土層

その横に王墓の再現Img_4484

さらに進むと…

Img_4485この周辺の遺跡の配置

題して…奴国の領域と須玖遺跡群

Img_4487Img_4488

石槨やら石斧やら…

Img_4489Img_4491

土器の破片から農機具

Img_4493 素焼の甕や壺

Img_4495Img_4498

銅矛と鋳型 

Img_4499 坩堝(るつぼ)

青銅器や鉄器を作るときに溶融するために使ったのでしょう…

須恵器と鉄剣 Img_4500

Img_4502 平安時代の瓦

Img_4503

大土居水城跡の木樋

Img_4505Img_4506

ガラスの勾玉、小玉に銅鏡

Img_4507 甕棺

鉄剣、銅矛、銅剣などImg_4508

ざっと見て回って…

Img_4510民俗資料展示室へ

昔使われた道具が展示Img_4511

ここ須玖・岡本遺跡は、日本で初めて稲作が行われた板付遺跡に隣接する地域にあるのですが、このエリアで銅や鉄製品が生産され広く西日本に流通していたとの事で、古代、私が住んでいる地域と言うのは最先端を行っていたんだな~と妙に感心してしまいました。

この後、どこ行っても人が多いのにウンザリしたので真っすぐ帰宅しました。

おしまい

2020年9月16日 (水)

九州歴史資料館に行ったYO!

本日は小雨の降る中、小郡市にある九州歴史資料館へ行ってきました。この場所は7月末福岡再発見ドライブの最後を飾る予定の場所でしたが、途中でサイノス仔ちゃんの電気系統の故障(ヒューズが飛んだwww)により一気に気分が滅入って取りやめた場所でした。

Img_4417 一路国道3号線を南下する

11:00すぎ到着 Img_4419

車検が終わってバリバリ調子がいいサイノス仔ちゃんwww↑

Img_4420

ここが九州歴史資料館です。昔、大宰府の都府楼跡の横にありましたがこちらに移転しました。前回来たのは確か2011年3月10日…そう…東日本大震災の前日だったのでよく覚えています。

入館料210円払っていざ入館!Img_4421

展示は撮影禁止だったので(以前は撮影可だったようなぁ…)写真はありません。1階に第1展示室(常設展示)第2展示室(企画展/福岡の古代豪族)、第4展示室(遺構展示とパネル展示)。2階に第3展示室(パネル展「世界遺産『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」)と文化情報広場(沖ノ島のビデオが流れていました)があります。

常設展示は古代から近世までの貴重な資料の展示でなかなか見応えがありました。今回特に印象的だったのは2階の第3展示室のパネル展「世界遺産『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」。この展示には世界遺産沖ノ島と宗像大社と並んで先日行った新原・奴山古墳群の解説があって、なかなかタイムリー!

古代の北部九州は思ってた以上に文化的な生活をしていたんだなぁ~とつくづく感じましたとさ。

おしまい 

九州歴史資料館公式HP

2020年8月10日 (月)

王塚装飾古墳館

2020 福岡の魅力再発見ドライブ その17

12:45 王塚古墳を見た後は…

Img_4091王塚装飾古墳館

愛称:コダイム王塚 入館料(大人330円)払ったら本に挟む栞とリーフレットをくれた。いざ見学!こちらも展示前半は撮影OKですが後半の写真撮影禁止です。

Img_4092

通常展示の入り口が万華鏡みたいでサイケデリックwww

Img_4093中はこんな感じ

壁面に展示が並びます。

ムラ(集落)の暮らしImg_4094

桂川町土師地区遺跡群をモデルにしたそうです。

Img_4096

ずらりと並ぶ土器 桂川町で出土した物です。

Img_4097北部九州の古墳

王塚古墳 現在の墳丘Img_4100

前方部分が住宅地として削られています。

Img_4101

王塚古墳の石室模型 入口から石室まではコンクリートで固めてガラス越しに覗くような構造になっています。

Img_4104Img_4105

副葬品の馬具の数々

Img_4106Img_4107

埋葬されていた人は馬を乗りこなしていたんですね。

Img_4108大きな馬の埴輪

これは出土品(馬具)を装着した埴輪馬です。(レプリカ)

螺旋状の順路を歩くと忽然と現れる…

Img_4109

王塚古墳 石室(レプリカ)

色鮮やかに彩色された壁面Img_4110

Img_4111

一番奥 宇宙なのか?死後の世界なのか?どういった意味を持って古代人がこれをデザインしたのか興味がある

Img_4112見渡す限り…

サイケな模様が並ぶImg_4113

Img_4114不思議な感覚に襲われます

本物ではここに

千数百年眠っていたんだ…Img_4115

Img_4116

埋葬者が横たわっていた場所

Img_4117いや~凄かった!

これから先は全面撮影禁止 王塚古墳の石室彩色に使われたと思われる顔料や出土品、高松塚古墳やらチブサン古墳やら…縮小された全国の古墳石室の模型が並んでいました。

見学を終えてエントランスホールのパネル展示を眺めていたら、この古墳も、発見から現在の修復・保存まで紆余曲折があったようで、現在の様な形になるまで、かなり苦労されたようです。

13:10 次の目的地に出発 Img_4118

つづく

2020年8月 9日 (日)

田川市石炭・歴史博物館 その3

2020 福岡の魅力再発見ドライブ その15

そして目を引いたのは実際の採炭の様子を再現したジオラマ

Img_4050明治時代の手掘り

機械採炭の様子Img_4051

発破の仕掛け中?Img_4052

Img_4053ベルトコンベアで運ぶ

一生懸命作業していますImg_4055

Img_4056心ここにあらずwww

手前のガラスケースには

石炭のサンプルが並ぶImg_4054

遠賀川を石炭を乗せて運搬した

Img_4057川ひらた(川船)の模型

この様子は八幡のいのちのたび博物館で見た事があります。川ひらたの模型の奥に見える小屋は…

「田川映画資料館」Img_4064

炭坑を舞台にした映画作品の資料や撮影現場のスナップ、吉永小百合や高倉健など往年のスターの写真やサインが飾ってありましたが…残念ながら撮影禁止。

Img_4061 D51 愛称デゴイチ

ミニSL模型 Img_4062

実際に動くようでイベントなどで走る姿が見れるそうです。

Img_4060展示も終盤

加圧流動床複合発電プラント模型Img_4068

時代は再生可能エネルギーにシフトしていき石油・石炭などの化石燃料を極力なくす方向になっていっていますが…私個人的には太陽エネルギー、風力エネルギーも設備として自然破壊の問題を抱えているので一方に偏るのには反対です。バランス良くエネルギーを作れるようにならないものだろうか…とふと考えてしまった。

さて2階へ!2階の第2展示室は山本作兵衛氏のギャラリーになっていて撮影禁止。山本作兵衛とは日本で初めてユネスコ世界記憶遺産(世界の記憶)に登録された方で、筑豊地方の炭坑で働く人たちの姿を生き生きと書き残した方です。ギャラリーではレプリカと原画、使用した道具等が展示されていました。


博物館では撮影禁止だったのでネットで転がっていた画像を貼ります。

S-yamamoto1

手掘りの時代は男女関係なく掘り進んで…

S-yamamoto2

作業が終わると…これも男女関係なく風呂に入っていたんですね。それにしても…どす黒い風呂の湯の色が体の汚れを物語っています。

S-yamamoto3

装備の一覧かな?

S-yamamoto4

炭坑の子供たちのお祭りの様子でしょうか…


更に第3展示室は「田川地方の歴史と民俗」をテーマにした展示で、残念ながらこちらも撮影禁止。旧石器時代から近世までの貴重な資料が展示されていました。

一通り見て回ったので、博物館の前に建っていたプレハブ…

Img_4071シルバー館おもてなし

お土産や物産品を売っているのですが…シルバー館の名に偽りなし!中にはどこぞのシルバー派遣センターから来たようなBBAが二人、手ぐすね引いて待っていて、私が入った途端に弾丸の様な質問攻撃!(笑)「どこから来たのか?」「団体できたのか?」「どうして田川まで来たのか?」etc…。普通だったらほっといてくれ!ってなりそうだけど、このコロナ禍で婆さん達もヒマなんだろう(笑)。話に付き合ってあげた。暑かったのでソフトクリーム(250円)を頼むと…BBAなんでソフトクリームの

形が悪いのもご愛嬌wwwImg_4070

店内でしばらく婆さん相手に世間話をして駐車場に戻る。

Img_4072 11:50 出発

次の目的地は、私にとっては未開の地…福岡県嘉穂郡桂川町

スマホのナビに従い進むImg_4073

つづく

田川市石炭・歴史博物館 その2

2020 福岡の魅力再発見ドライブ その14

さらにその先には再現された

Img_4028炭鉱住宅

中に入ることもできます。明治期の住宅には

おいちゃんがいましたImg_4030

Img_4031ちゃんとコロナ対策してます。

ここもセンサーでオーディオが始動して、このおいちゃんが大声の筑豊弁で歓迎の意を表しますwww

土間では奥さんが炊事中Img_4032

Img_4033各住宅の軒先にあった箱

”殻入れ”言う箱で、石炭を蒸し焼きにして煙と臭気を取り除いた殻と言うものを家庭用燃料にしていたそうで、その殻を入れておいた箱だそうです。

明治期の炭住炊事場Img_4037

Img_4038明治期の居間

大正期の居間 Img_4039

Img_4040炊事場です

昭和期の居間Img_4041

Img_4042炊事場です

こちらは共同便所 Img_4043

Img_4044小の方は朝顔はありません

↑この手のトイレは私が子供の頃、長崎駅にあって衝撃を受けた事があった!(笑)

こちらは大の方…Img_4046

暗くて見えにくいでるが、穴が開いているだけ。左上に吊るされているのはちり紙ではなく、新聞紙。昔は新聞紙で尻拭いていたんだ!

再び館内展示に戻るImg_4047

Img_4048様々な測量計器が並ぶ

これで測っていたんですね~Img_4049

つづく

田川市石炭・歴史博物館 その1

2020 福岡の魅力再発見ドライブ その13

10:40 公園内に併設された

Img_4000

田川市石炭・歴史博物館へ…。玄関を入ると目に飛び込んでくる

Img_4001 山笠の山車

神幸祭に使われた幟山笠の主要部分だそうな。その奥に受付があって…入館料(大人400円)を払って、いざ見学!館内は一部撮影禁止エリアはあるもの、1階はほとんど撮影OKでした。

中に入るとこんな感じImg_4003

Img_4004Img_4005

(左)珪化木と(右)大塊炭 

Img_4006

中央に展示されていた三井田川工業所伊田抗模型

Img_4007第二竪坑

第一・第二煙突Img_4008

Img_4009Img_4011

(左)筑豊石炭鉱業組合略村図 (右)福岡市部分のアップ(北が下を向いています)

Img_4012 道具の数々

初期は手掘りでしたが徐々に機械化されて

エアホースや…Img_4013

Img_4014モーターなど

近代の装備の展示Img_4015

出たな!

Img_4016ダースベイダー

Img_4017

その先、屋外店へと続き…

様々な機会が並ぶImg_4018

Img_4019ドラムカッターやら

ロードヘッダーやら…Img_4021

Img_4022格好いい!

石炭を乗せた炭車 Img_4024

木製と鉄製が並んで展示されています

Img_4025解説には…

日本初のユネスコ記憶遺産の登録を受けた炭坑画家、山本作兵衛氏の挿絵が付いています。

機械の中を歩いて行く…Img_4026

Img_4027これに炭鉱夫が乗った…


実はこの公園~博物館、FBS福岡放送の単発ローカル特番「福岡人志」の第7弾でロケ地となっていました。

Maxresdefault_20200805111601

↓撮影の様子(田川市のfacebookより)

18920928_780679665442417_905311184250571


つづく

 

2020年8月 7日 (金)

屋根のない博物館 後編

2020 福岡の魅力再発見ドライブ その4

車を移動して更に見学続行

Img_3806巨大な石門があります

ギリシャ・ミケーネの獅子門 門をくぐると…

ライオン像 Img_3808

こちらはギリシャ・デロス島です。

Img_3810オーセールの婦人像

こちらはギリシャ出土・ルーブル美術館蔵のレプリカです

休憩する東屋は Img_3812

ギリシャ パルテノン神殿を模してあります

Img_3814 ヤム・ネゼーの像

エジプト、ルクソール博物館蔵

ピクチャー・ストーンImg_3816

スウェーデンで出土した物のレプリカ

Img_3818 こちらもスウェーデンの

ピクチャー・ストーン

ペルセポリス宮殿の壁画Img_3820

イラン

Img_3822

エジプトのスフィンクス

 小 オベリスク Img_3824

Img_3827巨石人頭像

メキシコ、ベラクルス大学蔵のレプリカ

カレンダーストーン Img_3829

こちらもメキシコです

Img_3831 トルテカの戦士像

サン・アグスティンの鳥像Img_3833

そして最後は…

Img_3835ずらりと並ぶ…

Img_3836 モアイ像

ペルー、イースター島からです

Img_3837住宅街にモアイの群像

Img_3839

何とも言えない違和感を感じます(笑)

ポリネシアの女性像Img_3840

ポリネシア、ライヴァヴァエ島出土、ゴーギャン美術館蔵のレプリカ

Img_3842モアイ頭像

これが一番大きかった!Img_3844

Img_3845 案内板

車を路上駐車しているのが気が気じゃない状態でバタバタと鑑賞して…

Img_384613:00出発!

中間市内から北九州方面へと移動する

つづく

より以前の記事一覧

最近のトラックバック